別注 小ロットヒートン受注サンプル出しから 完成まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

『首下 50ミリで強いヒートン有りませんか 』

って問い合わせが例の如く釣具パーツ 部品を製作する日本の部品屋・杉原産業(株)へ入って来ました。 ロットを聞くとオープン クローズ 各40本・・・「うん。作るロットじゃないな」ってことで以前作った 1.6×58/ 1.8×58を提示しましたところ『線の材料が弱いんでは??』と質問があり、「バネ材料仕様なので大丈夫です!」とあるものを進め、とにかく「取り敢えず使って見てください」って事で出荷→到着。すぐに連絡があり『確かに強度は有る。強いが、如何せん見た目が細い・・・』って!?

そこで「何ミリ線の材料がいいですか?」

即答・・・『2.3㎜ぐらいがいい』と返事。

杉原産業では、別注2.3x全長40のヒートンを以前から受注生産で製作しているから、

まぁ長いのもあってもいいか・・・ってことで「よしやりましょう!」といつもの調子でお受けしました。

まぁこの際、クローズ・オープン各2,500個づつ作っておいて、少しづつ売れれば売っていくか・・・と思って生産しました。

 

そしたらお客様が『欲しい人がまだ他にもいるので紹介します』って。

何てこった・・・強気でやれば、どうしようかなんて考え悩まずにやれば必ず先が開けるものですね。全てがその様に動きます。

ヒートン作りもロー付スナップ作りも、ルアー製作パーツは、楽しくてやめられそうにない。まだまだ続く日本の部品屋・杉原産業㈱の部品パーツ作りは終わりなき楽笑だ。人人人

 

コメントは受け付けていません。